判決から11年目のハリス事件(1990年3月,島田雄貴)

カリフォルニア州で23年ぶり死刑執行か

ロバート・アルトン・ハリス。37歳。白人。銀行強盗の逃走用の車を奪うため、少年2人を殺した第1級殺人罪で4月3日、カリフォルニアのサンクエンティン州刑務所で、死刑執行が予定されている男です。 執行されると、米連邦最高裁が1976年に死刑を合憲とする判決を下してから、東部や西部の主要州では初めて、カリフォルニア州でも23年ぶりのガス室復活となります。今、カリフォルニア州で、そして、全米で死刑判決をめぐり何が起きているのか、島田雄貴リーガルオフィスが現状を報告します。

合憲判決以降、南部で復活

1976年の合憲判決以降、保守的なテキサス、フロリダ、ジョージアなどの南部諸州を中心に死刑が復活しましたが、ニューヨーク、ペンシルベニア、イリノイ、カリフォルニアなどの州では全く行われず、死刑執行は南部だけのものという印象が全米にありました。西部カリフォルニアで復活すれば、凶悪犯罪の激増に手を焼く他州の追随が十分に予想されます。

無抵抗の少年2人に銃乱射

事件は12年前にさかのぼります。1978年7月5日、カリフォルニア州サンディエゴでハリスは実弟のダニエルと銀行強盗を計画、逃走用の車を物色しました。

ファストフード店の駐車場の車内で、ハンバーガーを食べていた2人の白人少年にピストルをつきつけ、人気のない場所に車を移動させて、無抵抗の2人に何発も撃って殺しました。

サンディエゴ警察が逮捕

車を奪ったハリスは、少年2人が食べていたハンバーガーを胃袋におさめ、ダニエルと銀行を襲いました。

約3000ドルを強奪してハリス兄弟は家に戻りましたが、銀行にいた市民が後をつけてサンディエゴ警察署に通報、ほとんど無抵抗で逮捕されました。

被害者は巡査の息子

悲劇に輪をかけたのは逮捕の際、

「動くな、手を頭にのせろ」

とショットガンを構えた同署のスティーブ・ベーカー巡査でした。ハリスに殺された少年の1人が、自分の息子であろうなどとは夢にも思わなかったからです。自宅に戻って一息ついた時に署から知らされたのでした。

裁判で司法取引
減刑のかわりにすべてを供述

裁判ではダニエルが、減刑のかわりにすべてを供述・証言する司法取引でハリスの殺人を証言、ハリスも認めました。

5カ月前に仮釈放されたばかり

ハリスはけんかで隣人を殴り殺し、5カ月前に仮釈放されたばかりでした。

1979年3月に死刑の判決
州と連邦の最高裁への上告は棄却され、確定

1979年3月に死刑の判決。州と連邦の最高裁に4回ずつ上告しましたが、棄却。1992年1月に連邦最高裁が再審理を拒絶し、判決が確定。死刑執行が事実上決まりました。

死刑肯定派が多数を占める州最高裁

最後のチャンスは州知事の助命処置などですが、死刑肯定派が多数を占める州最高裁の同意が必要なため、ほとんど絶望視されています。

死刑を違憲とする判決

連邦最高裁が、死刑を違憲とする判決を出したのは1972年。1960年代、米国全体を包みこんだ死刑廃止の世論をうけたものでした。

4年後に一転、合憲判決

しかし、4年後に一転、合憲判決。カリフォルニア州知事は、死刑に消極的なブラウン氏で、同知事に任命された美人判事ローズ・バード州最高裁長官も反対派でした。

ローズ・バード州最高裁長官

ローズ・バード州最高裁長官は在任中扱った下級審の死刑判決の9割以上に待ったをかけました(68件中64件。数少ない例外の1つがこのハリスのケースだった)。

カリフォルニア州民の約80%が死刑復活を支持
州司法長官時代からタカ派で知られた知事

しかし、州司法長官時代からタカ派で知られ、死刑法を起草したこともあるデュークメジアン現知事の登場で事情は変わりました。 知事らは、犯罪増加と保守主義の風潮の中、カリフォルニア州民の約80%が死刑復活を支持する状況を背景に、バード長官追い落としのキャンペーンを展開しました。

選挙で判事不信任

1986年の中間選挙と同時に行われた州最高裁判事信任投票で、バード長官ら3人のリベラル派判事がその座を追われました。全米でもまれな判事不信任でした。バード長官は、「これからカリフォルニアでは死刑執行が堰を切ったように増えるだろう」という言葉を残して去っていきました。

殺人が2倍に

カリフォルニア州刑務所に最も多くの殺人犯を送り込んでいるロサンゼルスの一地区では、ギャングがらみの犯罪が1989年には対前年比67%増、殺人も2倍になっています。

司法の独立より「目には目を」

市民にとっては、「目には目を」の論理の方が、司法の独立・政治不介入という理想論より説得力があったのでしょう。

死刑囚が無実だったと判明しても死刑賛成

バード長官不信任投票直前に行われた世論調査によると、たとえ執行後、死刑囚が無実だったと判明しても、また正当な手続きを経て執行されるのが、自分の母親だとしても、過半数以上の州民が死刑制度を支持していました。

20年以上にわたり執行が1回もなかった

20年以上にわたり執行が1回もなかったことに対する不満は頂点に達していたようです。

ハリスに殺された少年の父親ベーカーさん

ハリスに殺された少年の父親ベーカーさんは、いまもサンディエゴ市警で刑事をしています。インタビューに快く応じてくれました。

--現在の気持ちは?

「フラストレーションがたまっている。12年もかかったからだ」

--ハリスは死ぬことで罪を償えると思いますか?

「いやすべては無理だ。彼は息子と友人だけでなく、その前にも1人殺している。3人も殺した男が1回死ぬだけで罪は償えない」

チャールズ・マンソンは死刑判決から終身刑に減刑
元司法長官ロバート・ケネディ殺しのサーハン・サーハンも死刑判決が覆る

--凶悪な第1級殺人罪は、死刑または仮釈放なしの終身刑と法律は定めているが……。

「私をはじめ一般市民は終身刑を信じない。あの女優シャロン・テート殺しのチャールズ・マンソンや元司法長官ロバート・ケネディ殺しのサーハン・サーハン(ともにカリフォルニア州最高裁で死刑判決を受けたが、連邦最高裁の死刑違憲判断を受けて、終身刑に減刑され、服役中)は何度も仮釈放のヒアリングにかけられている。いつ仮釈放になるか分からないのが現実だ」

死刑執行の公式立会人

「私はかなり前に当局に手紙を書いて、ハリスのになった。この目で息子を殺した男が死ぬのを見届ける」

弁護士のコメント

ハリスの弁護を担当する弁護士のチャールズ・セビラ氏は淡々と話しました。

上告の理由は「裁判に一部偽証があった」

「現在、州最高裁に再度の上告をしている。3月末には結果が出る。上告の理由は(1)裁判に一部偽証があった(2)犯行時のハリスの精神状態に問題があったが、正当に考慮されていない(3)12年も前の犯行を今になって死という形で償うのは納得できない--などだ」

陪審員を選ぶ際の判事の質問

「カリフォルニア州の死刑制度で私が最も不満に思うのは、陪審員を選ぶ時に、判事がまず、あなたは、すべての条件がそろうなら被告を死刑に処することができるか? と聞くことだ。最初から死刑に反対する市民を陪審員にしないのはフェアではない」

--もし、すべての試みが徒労に終わり、ハリスが処刑されたらどう思う?

「……。おぞましいと思う」

銀行強盗で有罪判決を受けた母親

ハリスは大酒飲みで暴力的な父親、銀行強盗で有罪判決を受けた母親のもとでひどい少年時代を送っています。父が振るった暴力で未熟児として生まれるというハンディキャップもありましたが、法律専門家によると、ハリスの執行は避けられない見通しです。

2月2日、サンディエゴのラジオ局が、ハリスにインタビューしました。

ハリスはこう言っています。

「やったことを後悔している。もしやり直すことができるならそうしたい。皆が自分のことをモンスター(化け物)のように思って死を望んでいる。自分は変わったのに……。死が本当にやってくるなら、自分は本当に死ななければいけないのだろう……」

テキサス州283人
全米で2400人

いま、フロリダ州で294人、テキサス州283人、カリフォルニア州273人、イリノイ州120人……と全米で2400人の死刑囚が執行を恐れる日々を過ごしています。

23年前の死刑執行は、警官殺しの処刑

サンクエンティン州刑務所のガス室が、最後にその機能を果たしたのは1967年。警官殺しのA・ミッチェルの処刑で、以来全く使われていません。

ガス処刑の残酷さ

その処刑に立ち会い、ミッチェルが苦しむ様子を絵で表現、ガス処刑の残酷さに関して大きな論議を呼ぶきっかけを作ったTVグラフィック・アーチストや、他の関係者によると、当時の様子は次の通りです。

所長が看守に合図

「ガス室に入れられる直前、ミッチェルは平静を失い、泣き叫んで両側から支えないと歩けない状態になった。

処刑の時間は午前10時と決まっていたが、所長はかっきり4分間だけ待った。処刑ストップの報が入るか確認したかったのだ。

10時4分、所長は看守に合図を送り、看守は静かに硫酸液の入った容器に薄地綿布に包まれた2粒の丸薬状シアン化物(青酸)を入れた。

致死性ガスが椅子の下から立ちのぼる。椅子にしばりつけられたミッチェルは頭をたれ、腕をダラリと下げていたが、突然背筋を伸ばして、外の窓から中をのぞく立会人を直視した。胸は大きく波打ち、口が動いている。目はうつろになり、唇が震えた。大きく息をするように見えたのを最後に頭ががっくり落ち、命の火が消えた」

3人の敵兵が処刑

立会人は、「私は4つの戦争に参加し、3人の敵兵が処刑されるのをこの目で見たが、これほどまで人間性を踏みにじる行為は見たことがない」と当時の新聞で証言しています。

死刑よりも強制労働つきの終身刑を

この3月1日、ロサンゼルス・タイムズ紙に世論調査結果がのりました。死刑反対の団体が、大手調査会社に依頼したもので、「州民の67%が、死刑よりも強制労働つきの終身刑を望んでおり、殺人犯は労働で得たお金を犠牲者の家族に還元すべきだ」としました。

80%が賛成

しかし、死刑制度そのものに対する態度は、今までの世論調査結果と変わらず、80%が死刑に賛成しています。